木下正道作曲『森の情景 三連画』

作曲家・木下正道氏によるプログラムノート

『森の情景 三連画』は、ロベルト・シューマンのピアノ作品『森の情景』を、ウインドアンサンブルのために構成し直したものです。この場合、編曲というよりむしろ「圧縮」であり、全部で9曲から成る『森の情景』を、半ば強引に3つにしてしまいました。少し前にピコ太郎の『PPAP』というのが流行りましたが、言葉と言葉を強引につなぎ合わせて違うリズムを持つ新しい言葉を作るように、音楽的に幾分スムーズには成らないような部分をあえて作って、ひっかかりのある表現を考えました。

そしてその圧縮の方法も、決して平均的ではなく、まず第1曲から第6曲までを、ぎゅっと、かなり強引に一つにまとめ(そのためほとんど原曲が認識出来ない曲もあります)第一楽章とし、第二楽章は、第7曲目の『予言の鳥』をほぼそのまま編曲し(約60年後の、シェーンベルクやウェーベルンの新ウィーン楽派をまさに「予言」するような響きの曲ですが)、第三楽章は、第8・9曲を纏めてあります。
私としては、ダイジェスト版を作るような気は毛頭なく、むしろ『森の情景』の世界を自分が旅をしたその印象を、ウインドアンサンブルの上に表現したつもりです。シューマン独特の、柔らかい音楽の質感をなるべく失わないように、かつ聴いていてどこか彷徨って迷ってしまうような部分も織り交ぜつつ、散策するように聴いていただけるよう心がけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です