木下正道作曲『アインシュテュルツェンデ・ゴルトベルク』

作曲家・木下正道氏によるプログラムノート

『アインシュテュルツェンデ・ゴルトベルク』(崩れ落ちるゴルトベルク、の意味。ドイツの老舗ノイズ/インダストリアルバンドの〈アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン〉から拝借)は、J.S.バッハの代表作中の代表作とも言える『アリアと30の変奏(通称ゴルトベルク変奏曲)』を、ウインドアンサンブルのために再作曲したものです。この場合の「再作曲」とは、原曲にほとんど忠実な「編曲」から、原型が分からないくらいまでいじり倒したようなものまでを含みます。

さて、『森の情景 三連画』もそうですが、このように既に古典として定着して、数多く演奏され、愛好者も多いこれらの曲に、あえて手を加えて再構成、再作曲する意義とは何でしょうか?

それは、ちょっと難しい言い方を敢えてするなら、現代の我々の「歴史認識、歴史に学ぶ事」の難しさゆえ、ということになるでしょうか。音楽は今や、ほとんどが「データ」として処理されています。CDやネット配信は勿論、演奏会においても「何々コンクールで一位だった人の演奏(作品)だ」とか「これこれのちょっと変わった趣向で演奏(曲)をやる」などなど、音楽そのものとはあまり関係のない情報、言説が多く流布する事で音楽「業界」は動いています。常にそれらが更新され、あまりの速い流れに溺れそうになっているとき、さてどのように「古典」に向かえば良いのでしょうか。勿論楽譜を見たり演奏を聴いたり、自分で弾いたりも出来るでしょうが、今生きている作曲家としては、それら古典の作品に対して、より深くに潜む当時の作曲家の意思を汲み取る為に、自分が現在出来るあらゆる技術を総動員して一旦それを分解、再構成する必要を、どうしても感じてしまうのです。このような試みをいぶかしく思われる方々も当然いると思いますが、我々としては前述の通り、歴史の流れを全身で、傷だらけになりながらより深く強く受け止めるための、不可欠な営みだと考えております。

『アインシュテュルツェンデ・ゴルトベルク』は3つの楽章から成ります。

第一楽章は、アリアと第1・2・3・5・7変奏で構成されます。この楽章は、原曲に比較的忠実な「編曲」に近いものです。しかし進むにつれて、異物的要素が次第に侵入していきます(バッハの作品中、同じト長調であるいくつかのものなど)。最後はタガが外れたように、不調和になってふっと終わります。

第二楽章はゆったりとした音楽です。第8・11・13変奏が使われます。この曲はちょっと聴いただけでは分からないくらいに原曲をデフォルメしています。基本的な主題は第8変奏からとっています。この下を、フィボナッチ数列を使ったリズムに置き換えられた主題が続いていきます。何度かフォルテで爆発して、音楽は静寂に戻ります。

第三楽章は(幾分ゆがんだ)踊りの音楽です。第17・23・29変奏を用いています。打楽器が活躍して生き生きとしたリズムの上に、ウインドアンサンブルが「変奏の変奏」とでも言うべきものを演奏していきます。思わず手拍子をしたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの曲はほとんど毎小節ごとに拍子がかわる、いわば「変拍子」の音楽です。ここでは刻々と、めくるめくように変わる音響の彩をお楽しみいただければと思います。そして原曲の第30変奏とアリアをほぼ改変せずに演奏して、静かに全曲は閉じられます。全曲で30分を要する大曲ですが、お楽しみいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です